査定のチェックポイント

車検・保証書等の有無

車検の残り期間がわずかでも大丈夫
■ 車検の有無について

「車を高く買い取ってもらうために、査定に出す前に車検を通したほうがいいのでは?」ということを考える方は多いと思います。
しかし、高額査定のポイントとしてはあまり関係ないのが現状です。

なぜなら、車の買取業者は車のプロであるため、コストを抑えて車検を通すことが可能だからです。
そのため、買取業者が車検を通すとしても、大きなコストにならないので、車検切れだからといってマイナス査定に直結するわけではありません。 また、あなたが査定に合わせて車検を通したとしても、買取業者からすれば、珍しいオプションパーツが新たに付いたわけでもないので、大きなメリットとして考えることもなく、査定額にもさほど影響はされません。

これらのことから、車検切れの期限が迫っていたり、車検がすでに切れていても、査定金額にはあまり反映されないのです。
もちろん、車検が多く残っている車と切れている車とでは、多少の差額は生じますが、車検費用が丸々プラス査定になることはほとんどありません。
そのため、車検の残りが少なくなっていたとしてもわざわざ車検を通す価値がありませんので、そのままの状態で査定に出すことをおすすめします。

■ 保証書等の付属品について

車を購入した際に付いていた付属品は、なくさず保管できていますか?
ちょっとした付属品でも査定のチェックポイントになる場合があるので、日頃から大切に保管するようにしましょう。
特に「取扱説明書」「整備手帳(保証書)」「スペアキー」などは車を査定する際のチェックポイントになります。
「整備手帳(保証書)」を基に、しっかり整備した記録を証明できれば、高額査定に近づけます。

また、高年式の車の場合は、ディーラーの保証を次の購入者に引き継ぐ際に必要になりますので、必ず準備しておきましょう。
合わせて付属品や交換した純正部品の有無も査定時に重要なポイントとなりますので、部品は大切に保管し売却時に一緒に査定してもらいましょう。

すぐに一括査定をスタートする

このページの上部へ戻る

©2013 Ateam Lifestyle Inc.