査定のチェックポイント

エンジンオイルの基礎知識

エンジンオイルは車の心臓部を守ってくれています。
自分の走り方や車の種類によって適切なエンジンオイルは違います、エンジンオイルについて詳しく知りましょう。
エンジンオイルの役割
エンジンオイルは、以下のような働きでエンジンを保護し、本来のエンジン性能を発揮させる役割を持っています。
①潤滑作用
エンジン内部の金属部品の間に油膜を持たせ、エンジンをスムーズに働かせると共に、部品の摩耗を防いでいます。
②密封作用
エンジン内部の気密を保ち、エンジン内部の爆発の吹き抜けを防ぎ、始動性と出力を保ちます。
③冷却作用
エンジンの燃焼や摩擦によって発生する熱をオイルが吸収し、必要以上の過熱を防ぎ、焼付きや破損を防ぎます。
④洗浄作用
エンジン内部に付着する汚れや金属片を洗い流し、オイルが吸収することででエンジン内部をきれいに保つ。
⑤防錆作用
金属の表面に膜を作り、エンジン内部にサビが発生するのを防いでいます。
エンジンオイルの選び方
エンジンオイルにはたくさんの種類があります。
たくさんの種類があるというのには意味があり、自分の車や走り方にあったオイルが必ずあります。
エンジンオイルを正しく選ぶことは、燃費向上、エンジンの寿命を延ばし、長い間車に乗る事ができます。
エンジンオイルの粘度
エンジンオイルには様々な粘度(硬さ)があります。
オイルの粘度はそのオイルの硬さ(ドロドロなのか、サラサラなのか)を示しています。
エンジンオイル粘度は、SAE(米国自動車技術者協会)によって規格化、分類されており、“5W-40”のように数字とアルファベットで表示されます。
左側の5W (低粘度)
この数字が小さければ小さいほど低温時に柔らかく、
「寒さに強い」「エンジンの始動性がよい」「燃焼効率がいい」などの特徴があります。
この数字が小さいほど冬向きなエンジンオイルです。
WはWinter(冬)の略です
右側の40 (高粘度)
この数字が大きければ大きいほど高温時に硬く、
「熱に強い」「高速走行、スポーツ走行に適する」
「耐摩耗性に優れる」など特徴があるんだ。この数字が大きければ大きいほど高温に強い酷暑地向きといえます。
一般的には低粘度は0Wから高粘度は60まであります。
この数字の幅が大きければ大きいほど、あらゆる走行条件に対応していることになります。
低粘度の特徴
○始動性、ウォームアップが早い
○燃費が良い
○ファミリーカー向き
○寒冷地に向いている
高粘度の特徴
○高速性能が良い
○耐摩耗性が良い
○スポーツカー向き
○暑い地方に強い
○高粘度オイルは燃費が悪くなる(50や60)
5W-30といった低粘度に優れたオイルが省燃費、コンパクトカーやファミリーカーに向いています。
逆に10W-40といった高粘度に優れたオイルが大型車やスポーツカー向きです。
車種によってオイルの粘度が決まっているものもありますので、取扱説明書などをご確認ください。
燃費が良くなるかも?と省燃費オイルを使うとエンジンにダメージを与える可能性もあります。
最近の新車はほとんどが省燃費オイル推奨車になっています。
ベールオイル
エンジンオイルには「化学合成油」「部分合成油」「鉱物油」の3種類があります。
一番性能が良いのは化学合成油で部分合成油→鉱物油の順で性能の差が変わってきます。
化学合成油
化学的に作られたエンジンオイルです。
劣化しにくい◎
始動性◎
オイルが減りにくい◎
価格△
部分合成油
化学合成油の高性能と鉱物油なみのコストメリットのバランスを実現した高性能ベースオイル。
劣化しにくい○
始動性◎
オイルが減りにくい○
価格○
鉱物油
現在、最も一般的に普及しているベースオイル。
劣化しにくい△
始動性○
オイルが減りにくい○
価格◎
もちろん、化学合成油が一番すぐれているのですが、予算や乗り方によって選びましょう。
鉱物油でも街乗りなら十分な性能を発揮します。どんなに高性能な化学合成油でも定期的に交換しなければ意味がありません。
大事なのは定期的に交換することです。
エンジンオイルの交換時期
エンジンオイルの交換の目安はおよそ3000~5000km走行
または6ヶ月~1年で交換が目安になります。 もし、最近燃費が悪くなった、エンジンの音がうるさくなったと感じるようになったらすぐに交換するようにしましょう

すぐに一括査定をスタートする

このページの上部へ戻る

©2013 Ateam Lifestyle Inc.