査定のチェックポイント

メンテナンス状況

洗車などお手入れも忘れずに
高額査定を目指すために、愛車のメンテナンス(お手入れ)はとても重要です。
最初に目がいく外装は当然重要ですが、内装も忘れてはいけないチェックポイントです。

内装(インテリア)は、愛車への接し方がとても出やすいポイントです。
社内のキズやシートの汚れ、臭いなど、普段乗っている人はあまり気づかないかもしれませんが、意外と汚れや臭いが付いてしまっている場合が多いです。
そのため、日頃から洗車だけでなく、社内のクリーニングも心がけておくことが、車を高く売るためのポイントになります。
■ 洗車は丁寧に

プロが見れば洗車を丁寧にやっていたかどうかもわかります。
洗車キズなどが多かったり、アルミホイールの隙間部分などが汚れていたりしたら、洗車の手を抜いていたということがすぐわかってしまいます。
そうすると、日頃から車をあまり大事にしていないのでは?となりやすいため、当然、車の程度(状態)は良くないと判断され、高額査定を引き出せなくなってしまいます。
そうならないために、愛車は丁寧に隅々まで洗車をするように心がけましょう。

■ 車内の臭いも要注意

普段運転している人にとっては、社内の臭いはあまり気にならないかもしれません。
しかし、査定時に悪臭がする場合は当然マイナスポイントになってしまいます。
マイナス査定にならないために、タバコやペットの臭いなどには日頃から気を配り、定期的にクリーニングをすることが大切です。
もし、査定前に臭いが気になる時は、消臭剤を使用したり、風通しをよくしたりして少しでも臭いが緩和するように対策しましょう。
ただし、香りのきつい芳香剤で臭いを変えるようなことは得策ではないので注意しましょう。

■ 点検整備を怠らずに

車は日々の乗り方や整備次第で程度(状態)が変わってきます。
これは査定をする場合の基準の一つとして、定期点検記録簿があるかないかがあります。
これがきちんと記入してあったり、ディーラーでずっと受けていたりすると、プラス査定につながる場合があります。
エンジンオイルやフィルター交換の記録も残しておくと、より良くなるケースがあるそうです。

すぐに一括査定をスタートする

このページの上部へ戻る

©2013 Ateam Lifestyle Inc.