査定のチェックポイント

キズへこみの確認

キズやへこみのチェックと修理
■ 小さなキズがある場合

車は長年乗っていると、走行中に小石を跳ね上げて小さなキズができたり、洗車時に細かいキズがついたりと、どうしても多少のキズはできてしまうものです。
もし、それらのキズが目立つようであれば、コンパウンドで磨いてキレイにしておきましょう。
カー用品店などで市販されている研磨剤で磨いてキレイになる程度の小さなキズなら、補修しておいたほうが査定時のプラスにつながります。
ちょっとした手間をかけるだけでキレイな車となり、プラス査定のポイントになりますので、査定の前にはきちんと洗車して、細部までチェックをしましょう。

ただ、車についているすべてのキズやへこみが、必ずマイナス査定になるとは限りません。
本当にキレイに直すには修理代が高くつきますし、簡単に済ませるとかえってキズ跡が目立つこともあるので注意が必要です。
査定ではその車種の経過年数や人気度など、トータルな要素で価値を判断しますので、まずは査定を受けてみるのも一つの手です。

■ 大きなキズ・へこみがある場合

板金修理が必要な大きなキズやへこみがある場合は、売却が前提なら修理をせずにまずは査定に持ち込んだほうがお得になるケースが多いです。 なぜなら、せっかく修理をしてもその修理費は査定の金額に反映されない場合が多いため、修理代の方が高くついてしまうからです。
また、修理をしている間に、査定の値が下がり売却するタイミングを逃してしまうこともあるので、まずは査定に持ち込んだほうが得策になるでしょう。 修理すべきか判断に迷った際は、まず査定をしてもらいましょう。その際に修理したほうが得かどうかも、あわせて確認することができると思います。
ただし、メーカーの保証内で費用負担なく修理が可能な場合もありますので、その場合は修理をしておいた方が高額査定につながります。

■ シールやステッカーが貼ってある場合

車のボディーにシールやステッカーを貼っている場合は、簡単に剥がせるようであれば、ぜひ剥がしておいてください。その方が当然見栄えもよくなり好印象につながります。
無理に剥がして跡やキズが付いてしまうと逆効果ですので慎重に行なうようにしてください。

■ 外装と内装のチェック

外装や内装の状態は、その車がどのように使われていたかを判断する重要なポイントになってきます。
当然キレイな車ほど人気が高くなりますし、査定時の高評価にもつながってきます。
日頃からキレイに使っていたとしても、気づかないところが汚れている場合があるので、査定の前には必ずチェックしておきましょう。
そして、洗車だけでなく、車内のクリーニングもしっかり行なっておきましょう。
査定時の印象が大きく変わりプラス査定のポイントになります。

すぐに一括査定をスタートする

このページの上部へ戻る

©2013 Ateam Lifestyle Inc.