査定のチェックポイント

買取りと下取りの違い

下取りよりも買取の方がお得
車を売却する時の「買取り」と「下取り」の違いはご存知ですか?
同じような意味合いで使っている方も多いかと思いますが、「買取り」と「下取り」の違いをしっかり理解しておくと、お得に車の売却ができます。

簡単に言うと「買取り」は、中古車買取専門店に車を買い取ってもらうことです。
「下取り」は、ディーラーなどで車を買い換える時に下取りしてもらうことです。
どちらも車を売却することには変わりないですが、査定金額が大きく変わってきます。

では、「買取り」「下取り」のそれぞれの特徴をご説明します。
【買取り】

買取とは、車の販売店(ディーラー)ではなく中古車の買取専門店などで愛車を売却し、現金化することです。

買取の場合は、オークションを基に中古車の相場を基本価格として、車の装備や程度から総合的に判断し買取価格が算出されます。 買取業者は全国の市場の相場をリアルタイムに把握しているため、買取価格に直結して反映されるケースが多いです。
そのため、車の車種やオプション装備、程度によって高額での買取が可能になります。
ただ、買取業者によって買取の査定額が異なるため、最高額で売却する場合は複数の買取業者に査定を依頼する必要があります。 車の買い換えを検討されている場合は、買取額分を次の車の頭金にあてることができます。

【下取り】

下取りとは、車の販売店(ディーラー)に愛車を引き取ってもらい、その引取り金額分を次の車の購入金額から差し引いてもらうことです。 つまり、今乗っている愛車を売り、同じ販売店で買う次の車の購入資金に充てることです。

ディーラーでの下取りの場合は、店舗独自の下取り基本価格をベースに下取り価格が算出されるため、買取のようにオークションの相場に連動していない場合が多く、相場に応じた下取り価格は提示されにくくなります。
また、そのディーラーで新車の購入が前提となっており、新車の販売価格にも合わせて下取り価格が決まるため、車のオプション装備やカスタムパーツなどのアピールポイントがあっても高額評価は期待できません。

ただ、中古車専門店での下取りの場合は、買取りの場合と同じような考え方になりますが、全国のネットワークを持っていない場合は、ある特定のオークション会場で展開される相場をベース価格にすることがありますので、下取り価格に差が出ることもあります。

買取のメリット・デメリット
■メリット
・複数店舗の買取査定額を比較することができる。
・一番高い査定額をつけてくれた買取業者に売却することができる。
・ナビなどの装備品や人気のパーツが付いているとプラス査定になりやすい。
・査定額の基準が下取りの場合と比べて細かい事が多く、アピールしだいでプラス査定にできる。
・買取業者が得意とするブランドや車種であれば、通常よりも高めの査定になりやすい。
など
■デメリット
・複数の買取業者で査定を受ける必要があり、手間がかかる。
・相場変動に敏感なため、いつ売却するのかによって低めの査定になる場合がある。
下取りのメリット・デメリット
■メリット
・車を購入する手続きと、手放す手続きを同じ販売店で行うため手間が省ける。
・マイナーな車や古い車種でも一定の価格を提示してくれる事が多い。
・納車時に乗っていた車と交換するかたちで引き渡しが出来るので、代車を使う必要がなく手間も省ける。
・新車価格から値引きできない分を下取り額で多少補填してくれることがある。
■デメリット
・他にもっと高く買取ってくれる買取専門店があったとしても、そこで手放すことができない。
・他の買取店で高い査定額がついたとしても、下取り額をそれに合わせてくれることはほとんどない。
・全国の中古車相場が反映されづらいため、相場よりも低額になる場合がある。
・人気車種や装備などのアピールポイントがあってもプラス査定になりにくい。
≪下取りよりも買取の方がお得≫
これらのことから、結果的に買取で車を売却した方がお得(高額)になる可能性が高いです。

しかし、新車の正規ディーラーの下取りなら、自社の車の査定額を高く設定していたり、新車購入をしてもらいやすくるために高く下取りしてもらえる場合もあります。 また、新車販売を強化する目的で、下取りキャンペーンなどと言ったかたちで、下取り価格をプラスすることもあるため、一概に「買取」と「下取り」のどちらがお得(高額)とは言い切れないのもあります。

このように買取りと下取りには、それぞれ違いがあるので、愛車の買取査定の相場を把握した上でしっかり比較検討するのが、賢い車の売り方になります。

すぐに一括査定をスタートする

このページの上部へ戻る

©2013 Ateam Lifestyle Inc.