査定のチェックポイント

もしかして事故車?

事故をしても事故車とは限らない!?
■ 事故車の定義とは

車の買取査定では、事故車となると査定額は大幅に下がってしまいます。
事故歴があると、車の商品としてのイメージが悪くなり販売時に敬遠されるため、査定金額がどうしても低くなってしまうからです。

それでは事故車とはどんな車のことでしょうか。
単純に事故を起こした車が事故車と思われがちですが、車の査定基準では、交通事故や災害などにより車の骨格などに欠陥が生じているもの、またその箇所に対しての修理歴のある車を「事故車」と規定しています。
したがって、多少こすってしまった程度では、「事故車」にはなりません。

これらのことから、事故車扱いになるかどうかは破損具合により変わってきますので、事故をしたからといって諦めるのはまだ早いです。 ただ、事故車にならなくても大きな破損があれば、マイナスポイントになってしまうことには変わりないのでご注意ください。
また、一度事故車扱いになった車は見た目上キレイに修理をしても事故車としての扱いになります。
そのため、自分でわかっている事故歴や故障箇所は査定時にしっかり伝えましょう。
正確な情報を伝えることは、あなたの信用性がプラス査定の要因にもなりますので、決して損をすることはないでしょう。
間違っても嘘の情報は言わないように注意してください。

すぐに一括査定をスタートする

このページの上部へ戻る

©2013 Ateam Lifestyle Inc.