査定のチェックポイント

必要書類

売却時に必要になる書類
車の査定を受ける際は、査定をする車の他に必要な書類がありますので忘れないようにあらかじめ準備しておきましょう。
また、車を売却する場合には、さらにたくさんの書類が必要になりますので、事前にご確認ください。
【査定時に必要となる書類】

必要な書類は「自動車検査証(車検証)」「自賠責保険証書」の2点です。

・自動車検査証(車検証)とは
新車登録時に発行され、ナンバーや用途、所有者、使用者、車検日などが記載されています。
また、車検証の内容には車の形式や年式、自動車種別など、査定時に必要になる情報が掲載さていますので、査定の依頼時にも参考になります。

自動車検査証(車検証)が無い場合は、早めに再発行を依頼しましょう。
再発行に関しては、車を購入したお店に依頼をすれば発行してもらえますが、その際は、手続きが必要ですので、まずはお店に相談してみましょう。
・自賠責保険証書とは
正式名称は「自動車損害賠償責任保険」といい、別名「強制保険」ともいいます。
車検時に加入するもので、自動車の所有者が必ず加入しなければならない自賠責保険の証明書です。

自賠責保険証書が無い場合は、早めに再発行を依頼しましょう。
再発行に関しては、加入した保険会社で手続きを行ないますので、まずは保険会社に相談してみましょう。
【売却時に必要となる書類】
≪1≫自動車検査証(車検証)
査定時に必要となる車検証と同様です。
≪2≫自賠責保険証
査定時に必要となる自賠責保険証と同様です。
期限が切れていると車を売却することができませんので、期限はあらかじめご確認ください。
≪3≫自動車税納税証明書
自動車税納税証明書は、車検を受ける際に必要な書類になりますので、売却時には買取業者に渡します。
紛失した場合は各都道府県の税事務所にて再発行してもらいましょう。
≪4≫実印
売却時の委任状や譲渡証明書に捺印する印鑑です。
実印は市区町村への登録が必要になりますので、事前に用意しておきましょう。
≪5≫印鑑証明書
印鑑証明書は、捺印した印鑑が市区町村に登録されている実印であることを証明する書類です。
実印と同様に市区町村で発行してもらえますので、事前に用意しておきましょう。
また、3カ月以内に発行された印鑑証明書が必要となります。(下取りの場合は2枚必要になります。)
≪6≫リサイクル券
自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金が支払われていることを証明する書類です。
紛失した場合は、自動車リサイクルシステムのホームページから印刷できます。その書面がリサイクル券の代替となります。
≪7≫委任状
売却する車の名義変更手続きを買取店に任せる時に必要な書類です。
(委任状の用紙はお店で用意してもらえます。)
≪8≫譲渡証明書
車を譲渡することを証明する書類です。
(譲渡証明書は買取店で用意してもらえます。)
≪9≫住民票
車検証に記載された住所と印鑑証明書の住所が違う場合に必要となります。

クレジット会社を通したローンを返済中の車は、車の所有者がクレジット会社や販売店の名義になっているはずです。
この場合は、売却前にローンを一括返済する必要がありますので、まずは買取店に相談してみましょう。

すぐに一括査定をスタートする

このページの上部へ戻る

©2013 Ateam Lifestyle Inc.